The Heptagon
QMAの写真などを載せています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの勉強会
ルキアの家にて・・・

SILVER「今日はみんな集まって勉強会をしているんだ。今回はまりゅちさんのオンオフで回収したスポラン1の問題を紹介するね。まずはこの問題から。」

1894年に大リーグのシーズン最多得点記録・196を残した選手は
ビリー・○○○○○?○を答えなさい。



MAGIE「1894年って私たちが生まれる随分前のことね。」
SILVER「この問題はドラゴン組でもかなりの人が間違えていたよ。正解できたのは一人だけなんだ。さあ、答えられるかな?」
ルキア「はい!」
SILVER「答えは?」
ルキア「ブランクスだ!」
ジョージ「ビリー・ブランクスってブートキャンプの?」
SILVER「あのね、二人とも(-_-#。違う話をしているんだよ。正解は(ビリー・)”ハミルトン”だよ。本名は”William Robert Hamilton”で、19世紀から20世紀にかけて活躍した選手なんだ。1961年(ハミルトンの死から21年後)に殿堂入りしたんだ。次の問題行くよ。」

1987年にセ・リーグ最低打率・最多三振にも関わらず本塁打王を獲得した
広島東洋カープの外国人選手は○○○? ○を答えなさい。



ルキア「なんだろう??」
SILVER「ちょっと難しかったかな。正解は”ランス”だよ。本名はリチャード・ランスなんだ。1987年に広島東洋カープに入ったんだけど翌年に退団したんだ。」

2005年のプロ野球セ・リーグの新人王に選ばれたヤクルトの選手は
○○○○? ○の漢字をひらがなで答えなさい。


SILVER「正解は”あおきのりちか”(青木宣親)だよ。この人は入団2年目で新人王に選ばれたんだ。」

SILVER「今日はここまで。」
ルキア「うーん。」
MAGIE「どうしたの?」
ルキア「疲れたよ。」
SILVER「夏バテしているのかな?」
MAGIE「今年は特に暑かったからね。」
SILVER「みんなで夏バテに効くメニューを考えよう。」

というわけで、スポラン1特集でした。
暑さでばててしまったルキア君。次の記事で、夏バテ解消メニューを紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rukialeon.blog92.fc2.com/tb.php/109-e7073b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆみゆきな

Author:ゆみゆきな
○管理人のカードデータ

QUIZ MAGIC ACADEMY 賢者の扉
(2013.3.31現在)

Heptagon 4期メンバー
(QMA7で加入、2013年3月に卒業)

学籍番号:F0207707
ローザ@メディア
賢者三段
ユニコーン組 Lv.5

学籍番号:G0406352
リンダ@ミュー
賢者三段
ユニコーン組 Lv.1

Heptagon 5期メンバー
(QMA8で加入)

学籍番号:C0061567
2ヘッドドラゴン@リック(”2ヘッドドラゴン”はリチャードとフィリップの2人のユニット名)
白銀賢者二段
ドラゴン組 Lv.2

学籍番号:B0015510
キャサリン@アイコ
青銅賢者六段
フェニックス組 Lv.4

Heptagon 6期メンバー
(賢者の扉から加入)

学籍番号:E0125333
アレクサンダー@ハルト
青銅賢者八段
ミノタウロス組 Lv.5

学籍番号:D0217132
クリスティーン@マヤ
賢者四段
ガーゴイル組 Lv.1

BEMANIシリーズでは以下の名前でプレーしています)

HEPTAGON(jubeat、REFLEC BEAT)

ヘプタゴン(pop'n music)

IIDXではHEPTAの名前でプレーしています
(文字数が足りなかったため)。
ギタドラは3月に引退しました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。